本文へ移動
学校法人呑龍愛育会
呑竜幼稚園
〒327-0016
栃木県佐野市大祝町2312
TEL.0283-27-0051
FAX.0283-27-0052

──────────────
・幼稚園
・幼児教育
・サッカー・ネーチャー
・未就園児教室
・学童・預かり保育
──────────────

30年度 園長ブログ

9月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

祖父母参観

2018-09-20

敬老の日にちなんで祖父母の参観を行います。一人の孫に4人の祖父母が来るうちもありますから、人数はすごく多くなります。祖父母の大事な役割は可愛がることです。可愛がられた子は人を信用します。だから動きも活発になります。そこが人間としての土台に一番大事なことです。集団の中で、遜色ないことが好きな日本の社会も、今段々と変わってきています。早いうちからの読み書きそろばんは意味がないと研究結果からも言われています。そうした教育が受けのよい事は分かっていますが、そんなことで惑わされないでください。特にお爺ちゃん、お婆ちゃん。乳幼児の教育のあり方が、ちょっと破天荒な行動だって受け入れてください。でも年寄りのやるべき事は可愛がればいいのです。お前が生まれて良かった!と感じさせて下さいね。それが園長からのお願いです。

園外保育子どもの国

2018-09-11
バスで佐野のこどもの国に出かけました。昔の保護者の方がそこにいて懐かしく話をしました。貸切状態でみんなのびのびと遊びました。この時代は経験が特に大切です。安全に気をつけて街に連れ出したいと思っています。

小さい子はかわいい

2018-09-05
幼稚園に関連施設の子達も来ます。また園バスで秋の実を拾いに行ったりもします。子どもの事を考えたならば、いろいろな場所に行っていろんな経験をさせましょう!それが大事です。
乳幼児教育は「環境による教育」とされています。子どもを取り巻く環境が子どもを育てる。という考え方です。そのことは幼稚園教育要領にも保育指針という政府から出されている基本文書でも強く言っているのです。今保育園などは佐野でも民営化がなされて来ていますが、そのことを守ることがまず大事ですと、私達は言っています。

栃木県産業センターへ行ってきました。

2018-09-04
台風の予感を感じながらも、宇都宮の中小企業のセンターである産業センターに行ってきました。ここに集められる多くの業種の商品開発アドバイザーとしてお話をしてきました。身体に優しい虫除け剤の開発や、ダンボールでつくれる商品、壁材、防災ヘルメット、ボードゲーム、などなど、それぞれの技術や知識で開発を進める集りです。そこでのアドバイスは子どもの視点が多く入りましたが、実用したら園でも買いたいものばかりでした。結果、呑竜幼稚園に来てみたいということになり、今度視察に皆さんできます。子どもにとって役に立つものを作って下さいとお願いします

2学期開始

2018-09-03
今日から2学期です。夏季保育や預かり保育はありましたが、正式に2学期が始まりました。子ども達には2学期の楽しい行事や活動を知らせました。明日を楽しみにする事が子どもの特権です。これからの事をおもってお休みなく幼稚園に来て下さい。親も楽しい幼稚園でありますように。
TOPへ戻る