本文へ移動

令和3年度バックナンバー

5月16日 あつまれ!NSC+のなかまたち!はじめまして、きみの名は?【なかまの作り方を知ろう】

今日は記念すべき令和3年度初めのNSC+の活動日でした。自然いっぱいのアルス自然教育園は子ども達にとって自由かつ刺激的な時間をくれます。
年長さんにとっては初めて親元を離れて、知らない環境へ一歩足を踏み出した瞬間でしたね。はじめは緊張で顔が強張っていたり、だれを頼っていいものか…と不安げな顔が見えました。しかし昨年度から参加している仲間達の朗らかな雰囲気に包まれ、少しずつ笑顔が見られるように!「〇〇したーい!」「これしてもいい?」と少しずつ自分の気持ちを伝えられるようになってきました。

午前中は初めてのクラブ活動だったので、令和3年度のなかまたちで「クラブの輪」をつくるための、ミニゲームを楽しみました。「だるまさんゲーム」「でんせんゲーム」「じゃんけんれっしゃ」…身一つあればできてしまうお手軽ゲームです♪始めこそは動きが硬かったものの…少しずつ負けず嫌い精神が出て来て、みんな“全力で遊んで”いました!
少し雨がちらつき、今度は室内で息抜きに「ハンカチ落とし」と楽しみました。意外と小柄な子が有利なこのゲームは白熱し、小学5年生に打ち勝つ年長さんまで!にこやかなムードへなった所で、みんなでお昼に「やきそば」を頂きました。

午後は午前中に組んだチームで、火起こしやプチクッキングを楽しみました。火起こしは教科書などで見る「火起こし器」を使って“マッチ”や“チャッカマン”を使わない火起こしに挑戦!これがなかなかテクニックと絶妙な力加減が必要で、大人よりも子ども達の方がコツをつかむのが早かったです…!煙が出てくる所までできるようになったので、次は麻に種火を入れて火をおこす所を目標にしていきたいですね。
それからはアルス自然教育園を自由散策を楽しみました。小高い山を登って長い滑り台を駆け下りたり、グラウンドで鬼ごっこをしたりなど、わんぱくに“全力で遊んで”いました。

今年から掲げたシンボルワード”全力で遊(まな)ぼう”は、子どもたちがのびのびと遊びながら、経験として学んでいってほしいという思いが込めらえています。今日は遊びの中で“ともだちと触れ合う、なかまを作る”という所を自然と経験できたのではないかと思います。
遊びの中で自然と打ち解け、友達になれる……そんな風な子に育つといいなと思っています。

次回は5月29日(土)に渡良瀬遊水地で、今回組んだチーム対抗のレクリエーション大会を行いたいと思います!広々とした芝生の広場でのびのびと”全力で遊び”たいと思います。
それからこの時期になると渡良瀬遊水地には「桑の実」というベリー系のものが美味しく実る時期です。それも積みつつ、おやつとして食べたいと考えておりますので、ぜひご参加ください!

その際、本日お配りした「NSC+ノート」の持参もお忘れなく♪
TOPへ戻る