本文へ移動

活動の様子

11月28日 「あ!テレビで見たやつだ!」を実現!秋といえばコレだよね!【実現する力に磨きをかけよう】

11月一回目の活動は碓氷峠で秋の景色「紅葉」を楽しみました。第二回の今回は秋の味覚「焼き芋」を美味しく味わい、秋を締めくくりました。

秋といえばたくさんの食べ物がおいしく実る時期としても有名で、その中でも「さつまいも」は代名詞ですね。昔は庭に集まった落ち葉を使って“焼き芋”をやったりするのを多く見かけましたが、今では住宅街が普通になり規制などで難しくなってきています。
NSC+ではそういった「昔ながら」の伝統を伝えることも大切にしています。今回は奈良渕316のキャンプ場をお借りして、焚火台ではありますが、美味しい焼き芋づくりを楽しみました。
久し振りに火を使った活動に上級生たちは嬉しそうでした。その姿を見て、年長さんや低学年さんもちょっとずつ興味が出て来て、薪集めから薪入れまでを楽しんでいました。

焼き芋をするさつまいもは二種類用意しました。「紅あずま」と「紅はるか」。どちらも甘くて有名なお芋で、どっちが美味しいか食べ比べです。
焼き方も二通り用意しました。「濡らした新聞紙とアルミホイルを巻いたやり方」と「塩水にひたしてから、濡らした新聞紙とアルミホイルを巻いたやり方」。塩水に浸してから焼くと、甘味が凝縮されてねっとりと濃厚な味わいになるらしいので、実験です!
焼き芋に要する時間は大体30分~2時間。お芋のサイズによってバラつきはありますが、握った時に芯が無くなった感じがある頃がようやっとの食べごろです!
子どもたちは「あま~い!」と笑顔を浮かべながら、ほかほかのさつまいもを頬張っていました。外で食べるのも格別らしく、焼き芋屋さんは大盛況!お弁当の前に食べたので、お残しはお許しください・・・。

次回はクリスマス間近ということでクリスマスパーティーやリース作りを企画しておりますので、ぜひご参加ください!

11月13日 芸術・食欲・スポーツ、そしてハイキング……秋がやってきたぞ!【感受性を豊かに育てよう】

今回は足を伸ばして群馬県の碓氷峠へハイキングに行ってきました。冷たい風が吹いていて気候が心配でしたがお日様はとても暖かく、秋らしいちょうどいい気候の中で活動を行えました!
碓氷峠は絶賛紅葉シーズンを迎えていて、美しい赤色や黄色が差す景観が続き、思わず「すごーい!」と声が出てしまうほど綺麗でした。子どもたちは赤や黄色、紅葉になっていくグラデーションを見つけると、「もちかえりた~い!」と言って紅葉狩りにウキウキしているようでした。
碓氷峠の入り口である熊ノ平から、ゴールである鉄道文化むらまでは、およそ6km。大人でも少し疲れを感じる距離ですが、子どもたちは歩き切ることで達成感を感じているように思えます。「まだ~?」なんて声も聞こえましたが、そこはクラブパワー!歌をうたったり、おしゃべりをしたり、楽しい雰囲気の中で歩くことを楽しみました。
お昼を食べた碓氷湖では周径2kmの公園を探索したりもしました。その中でガマという不思議な植物を見つけ、中身の綿毛を飛ばして遊んだりしていて、秋らしい自然遊びを楽しめたのではないかと思います。
ここまで壮大な紅葉の景色はなかなか見ることができません。その年の気象や時期などタイミングが合わさってこその景色だと思います。感性が豊かに刺激されるいい機会ですので、お時間が会えばぜひ皆様にも足を運んでもらいたい場所です☆

10月31日 合言葉は「トリック・オア・トリート」!おねだり上手は誰だ!?【社会性を磨き上げよう】

10月31日はハロウィン!せっかくなのでNSC+で盛大に楽しんじゃおう!ということで、今回はみかも山でのハロウィン・パーティーを開催しました。
子ども達は朝からはりきった仮装でルンルン♪その時まであまり話したことのなかったお友達に「それって魔女?」「オバケかわいいね」など話す声もちらほら聞こえました。
子どもたちには「今日はハロウィンなので、オバケにお菓子をもってくるようお願いをしてきました。」と軽いジョークを挟みながら、ハロウィンのお話をしました。お菓子をもらえることに目をキラキラさせて、合言葉を忘れず、お菓子を大量ゲットしようね!と息巻いているようでした。

みかも山の南口から始まり、ぐねぐね曲がった坂道を上り、一番目の東屋・わんぱく広場・冒険の砦の各ポイントに隠れるオバケ(スタッフ)を探し、お菓子をもらいに歩きまわりました。途中ですれ違うフラワートレインやお客さんに「ハッピーハロウィーン♪」とご機嫌に挨拶までしていて、子ども達の気持ちは最高潮!

あっという間に三点のポイントを回りきり、袋いっぱいにお菓子をもらえた仲間たち。おやつタイムの時に食べるのかな?と思いきや、帰りまで大事にとっておく子がとても多かったです。どうやらお家で独り占めをしながら、美味しくいただくようです…☆

その後はみかも山をたっぷり探索。冒険の砦や長いトンネルすべり台、わんぱく広場。ひんやりと冷たい気温だったにもかかわらず、子ども達の顔には汗がたっぷり流れていました。
その中で見つけたのが、違う学区・違う学年の仲間たちが同じ遊びを楽しんでいる姿が目に入りました。縦の繋がり・横のつながりに隔てがないのが、NSC+の良い所です。その子自身の友達の輪が広まって、友達の繋がりが心地よいなと思える場となれているのかなと思いました!

みかも山の木々も少しずつ紅葉がはじまり、赤や黄色みがさしてきてとても美しい景観となってきています。もう少し秋が深まりましたら、紅葉狩りにぴったりな場所になるかもしれませんね!
TOPへ戻る