本文へ移動
学校法人呑龍愛育会
呑竜幼稚園
〒327-0016
栃木県佐野市大祝町2312
TEL.0283-27-0051
FAX.0283-27-0052

──────────────
・幼稚園
・幼児教育
・サッカー・ネーチャー
・未就園児教室
・学童・預かり保育
──────────────

NSCだより

2月8日 ド・レ・ミファ・ソ・ミソ! ~味噌作り~

今年初めてNSCで「手作り味噌作り」を企画しました。今回の講師にお願いしたのは、群馬県藤岡市から常澤さんをお呼びしました。常澤さんは園長先生の昔からのお友達であり、農家をしている方です。地元でも地域の人たちを集めて味噌作りをしているそうです。幼稚園でも3回程、保護者の方と味噌作りを行ったこともあり、ママランチでのとん汁やNSCの昼食でもよく使っています。NSCではクッキングをたくさんするので、そのときに使えるようにと今年は12キロのお味噌を作ることにしました。大豆や麹、塩など材料も全て無添加のものを用意していただき、中庭でグツグツと2時間茹で、そのあとは機械をつかい大豆を潰していきます。その後は、麹と塩を混ぜたものと潰した大豆を良く混ざるように子ども達が行いました。最後は空気を抜くために丸くしたものを樽の中に投げて行きます。こどもたちは「ストレス発散(笑)」と言いながら楽しく味噌作り体験しました。今回作った味噌は約10カ月以上寝かせます。来年1月頃には美味しいお味噌ができると思います。今回は2年間寝かせたお味噌を持ち帰ってもらいました。年数が経つと「まろやか」になると言われています。少しですが味見してみてください。また、400g500円で幼稚園で販売しますので、欲しい方は大鷲まで声をかけて下さい。

1月26日 佐野っ子ファクトリー~鋳物づくり~

佐野は昔から鋳物の産地として知られています。天明鋳物は茶の湯釜や鍋などいろんな種類があります。NSCの活動で子ども達にも鋳物体験をしてもらいたいと思い、地元の鋳物師「若林秀真さん」に教えていただいた、油粘土と錫(すず)を使ったやり方で作りました。鋳物とは過熱して溶かした金属を型に流し込み、冷えて固まった後型から取り出して作った金属製品のことです。NSCで使用した錫は金属のなかでも比較的低い温度で溶けるものです。幼稚園の七輪を使って錫を溶かし、子ども達が好きな動物やメダルなど粘土で作ったものを石膏で型を作ります。写真のように石膏が固まったあとは粘土を取り出します。子ども達は型から粘土をきれいに取り出し、そこへ溶かした錫を流し込み、冷えたら出来上がりです。子ども達が粘土で作ったものが金属に変身!貝殻やみほとけ様、ペンギンにワニなどなどいろいろなものができました。きっと子ども達宝物になったと思います。是非飾って下さいね!
TOPへ戻る